>  > 最後の一線は超えない

最後の一線は超えない

高校時代は、女性にモテていたと思います。特に年上の女性から人気があり、高校の時は先輩からよく告白を受けていました。でも、シャイな私の性格上、女性と付き合うのが苦手で断っていたのですが、一人可愛い人がいて付き合うことになりました。それから良い感じになってエッチをするような状態になることもありましたが、どうしても緊張してあと一歩が踏み出せずにいたのです。そんな状態でいつの間にか別れてしまうと、それ以来女性からあまりモテなくなり、気づいたら26歳まで童貞という状態になってたのです。当時付き合った女性の体を見たりおっぱいを触ったりなどはしましたが、最後の一線を超えたことがなく、これは童貞と呼ぶでしょうね。そんな私は今デリヘルを利用しています。デリヘルも童貞卒業とはなりませんが、これで良いと思っています。女の子みたいなことを言いますが、やっぱり童貞を卒業するときは素人の女性が良いと思っているので、デリヘルで最後の一線だけは超えないようにしているのです。

[ 2015-09-21 ]

カテゴリ: デリヘル体験談